*

手持ちの漫画を適当に選んで紹介@10

公開日: 投稿者:sakura レビュー, 日記

最近、某WiiUのゲームがステマだ!ステマだ!って騒がれてたりしてましたね。「逆スーパーマリオサンシャイン」とか言われてるのを見て、個人的に気にはなってますがいかんせんお金が・・・(全く起動しなくなったWiiUくんを見つつ)

 

というわけで、ぼくも手持ちの漫画のステマしようと思います。

 

 

 

■ひまわりさん/菅野マナミ 既刊5巻

女子高生である主人公が、町の小さい本屋さんの店長であるひまわりさんに恋する話。

なんですが、物語の主軸がそういう「百合」的展開に置かれているわけではなくて、本を通じて人との繋がりやふれあいを描いている作品です。話が進むにつれて、ひまわりさんの過去や主人公の心情などの話も出てくるんですが、基本的にハートフルコメディ的展開で進む、読んでてほっこりする漫画です。

なんというか、小雨の降る、ゆるやかな午後にゆっくり読むような作品です。分かりづらいですね・・・(語彙不足)

 

 

■月曜日は2限から/斉藤ゆう 既刊4巻

校則の厳しめな高校に通う男子高校生と、そんな高校で唯一校則を無視しまくってる女子高生がぐだぐだ話すだけの話。

ぼくはこの漫画、最初に読んだときは「うっわつまんねーな」って思いました。でも好きです(意味不明)

基本的に二人の会話のみで進行する、終始マイペースでぐだぐだっとしたシュール系4コマです。特に何かが起こるわけでもなくて、恋愛的な要素も(少しあるか?)ほぼなくて、じゃあ何があるの?って聞かれると「・・・雰囲気?」としか答えられないような漫画です。あと妹さんがクソ可愛い。

頭からっぽにして布団の上に寝っころがって、ダラダラしながら読むような作品です。

 

 

■麻宮さんの妹/あさの 完結3巻

一度「終わってしまった」世界を、セーラー服の少女がスケッチブック片手に一人で旅する話。

設定は文句なしだったんですけど、後半超スピードでSFバトル物展開になって終わってしまったのが残念です。

序盤は世界をほのぼの旅する系の話として伏線貼りつつ展開して、中盤から実は世界の終焉だとか陰謀だとかSFちっくな感じで伏線回収してEND、って感じで終わりたかったんだろうなって意図は感じられるんですけど、いかんせん展開が急すぎて上手くいかなかったパターン。

それでも世界観とか雰囲気はすごく良い、話の急展開さも頑張って理解しようとすれば面白い作品です。

 

 

■ともだちマグネット/まご 完結2巻

オタクな女子高生が、ギャルな女子高生と仲良くなる話。

とてもよくあるゆるふわ系4コマです。オタクな主人公が、なぜかギャルな女子高生になつかれて一緒に色々なことを経験したり喧嘩したりして、少しずつ仲良くなっていく作品です。主人公がひたすら自虐的だったり、色々と振り回されてころころ表情が変わったりと、可愛いなコイツ!ってなります。

別に百合系作品ではないんですけど、でもこういう百合色の薄い作品のほうがこう、色々と妄想できる余地があって個人的には好きです。

 

 

■だがしかし/コトヤマ 既刊2巻

田舎にある駄菓子屋の息子と、都会からきたお菓子メーカーのお嬢様が駄菓子を巡ってアホなやりとりをする話。

いや、もうね、作中の駄菓子屋のうんちくが凄いだとか、ほたるさんが可愛すぎるとか色々あるんですけど、とにかくこのギャグのハイテンション感というかロケット感がすさまじい。この作中のハイテンションにつられて爆笑してしまう感じは、ただひたすら「ズルいなあ・・・」としか言いようがないですね・・・

ボーボボとかミスフルとか、ああいう系のギャグ漫画が好きな人は多分楽しめます。

 

 

■保健室の死神/藍本松 完結10巻

顔の怖い保健室の先生が、生徒を守るために人の心に巣くう「病魔」を倒していく話。

まあ、もろ現代版「ぬ~べ~」って感じの作品でしょうか。割と真面目に妖怪が病魔になっただけの設定。ジャンプ作品だからいいのかな・・・

生徒一人一人の個性的なキャラ付けと病魔という設定のおかげで、キャラ同士の掛け合いや1話1話における起承転結がしっかりしていて読んでて楽しい。ドタバタコメディが好きな人は文句なしに好き、そんな作品。後半ちょいシリアス路線に入っちゃうけど、まあ仕方ないと思って割り切ってくれ(?)

 

 

■暗殺教室/松井優征 既刊14巻

中学校の1クラスの生徒全員が一丸となって、月を半壊させた超生物=担任を暗殺しようとする話。

ここまで書いて自分でも意味不明な設定だなあ・・・と思いました。どんな頭してたらこんな設定思いつくんですかね・・・1話をジャンプ本紙で読んだ時も思いましたが。

「魔人探偵脳噛ネウロ」が大好きだったので、連載決まったって知った時から追ってます。話的には金八先生に「暗殺」というキーワードをふりかけた感じ。話自体はもうほんとベタな金八ドラマなんですが、暗殺というキーワードのおかげで謎の化学反応が起こってしまった・・・みたいな。変化球なんだけど実はストレートど真ん中。

ネウロみたいな作品を期待して読むと、多分合わないだろうなあって思います。

 

 

■浅尾さんと倉田くん/HERO 完結8巻

同性の友達が0人の女子高生が、何故かクラスの男子高校生達と仲良くなっていく話。

「堀さんと宮村くん」作者による学園コメディ。堀宮好きな人は多分好き、そんな作品。

内容は、なんだろ・・・なんか、読んでると自分の高校生活を思い出してちょっと辛くなります。主に「こんな高校生活送ってみたかったな」という点で。いやでもこんな面倒なことにはなりたくはねーなとも思ったけど

浅尾さん可愛いし東くんとの掛け合いも楽しいんだけど、倉田がな・・・倉田が女々しすぎてな・・・所々ある「もうお前ら面倒くせーわ・・・」感を許容できる人向けです。ガチの少女漫画とか読める人は余裕。

 

 

■はじおつ。/卯花つかさ 完結5巻

男性恐怖症を克服するために、度胸試しで告白したらまさかのOKもらっちゃって出来たカップルが奮闘する話。

読んでる最中は、終始壁を殴りたくなる衝動と戦う漫画です。「もう!お前ら!もう!」みたいなもどかしさと戦う作品。思い返すと「一週間フレンズ」もこういう衝動と戦う作品だったなあ・・・(遠い目)

当人同士の奥手でぎこちない恋愛を温かく見守る、みたいな作品なんですけど、両者の友人達がわりかし畜生揃い(特に女性陣)で、そこら辺の流れをもうちょっと真っ当な感じにすると良かったかなあ・・・って思うんですけど、そうすると中盤以降のすれ違いとかなんやかんやがなくなってしまうので難しい。そういう点が引っかかる人はあまり楽しめないかもしれない。

 

 

■かつて魔法少女と悪は敵対していた。/藤原ここあ 既刊2巻

悪の組織の参謀が、敵対する魔法少女に一目ぼれする話。

この人の作品はこういうのがスタンダードだから!「いぬぼく」は何か奇跡的な化学反応が起きた結果だから!というのは、「わたしの狼さん。」から知っている一読者の戯言。

可愛さ120%のみで押し切る系4コマ漫画。天然少女に悶えるクール眼鏡青年に萌える作品。そんな感じ。なんだろう、自分の好きな薄い本(R-15くらい)を読んでいる感覚といった方が正しいだろうか。惜しむらくはおそらく未完で終わってしまうということ・・・(悲しみ)

 

 

 

いかがでしたでしょうか。

手持ち漫画の紹介と銘打っておきながら、あんまりオススメするような文章を書いていない気がするのは多分気のせいです。

 

勿論これらの漫画は全部持ってますので、適当に貸して欲しいと言っていただければ喜んで布教させていただきます。それかブック●フにでも走ってください。

関連記事

おすすめアニメ紹介~帰宅部活動記録~

皆さんはじめまして、どんたこすです。 世間は夏コミなどで盛り上がっていますが、私は家でゴロゴロ

記事を読む

MG「Zプラス」を作ったよ

〇はじめに さて、今回なぜブログを書いたかというと、1年ほど前に購入したガンプラがようやく完成

記事を読む

no image

矢作・佐倉のちょっとお時間よろしいですか 2014/5/7放送分レビュー

どうも、富士さんです。 最近バイト決まったせいでほんと忙しい。いやうれしい悲鳴ですが。

記事を読む

異世界モノとか

てるよ(3)です。 学祭号に続いてラノベ紹介は今回が2回目。進捗から解放されて異世界転生してえな俺

記事を読む

Z/Xブースターパック11弾「神子達の戦場」を開けてみた。

お久しぶりです。富士さんです。 時が経って気付いたらゼクスプレーヤーになってました()

記事を読む

懐かしのゲームをやってみたい

casるブログは初投稿になります。氷室みかどです。 子供の頃にやっていたゲームを久々に

記事を読む

no image

A&G GAME MASTER GT-R 2014/5/2放送分レビュー

今回から自分の聞いてる声優ラジオのレビューを書きたいとおもいます。 これで少しでも声優ラジオを

記事を読む

Fly to the Leaden Sky – バトルガレッガがやってきた

ライジーング! RAIZING→Rebellion→クレジット音→4:71amの流

記事を読む

ザ・プロディジーの6年振りニューアルバム「ザ・デイ・イズ・マイ・エネミー」レビュー

お久しぶりです(僕の記事最近いつもこの書き出しから始まってる気がするのん)。富士さんです。

記事を読む

劇場版マジェスティックプリンスを見た

『銀河機攻隊マジェスティックプリンス』、というアニメをご存知だろうか。本放送は2013年の春と夏に行

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
のんきなマイク

アイを覚ますと、カーテンが自動で開き、日差しが差し込んでくる。

no image
2度目の告白 事件編

プロローグ     夏、深夜の山

【図解】百円で作れるオリジナルキャラクター時計【割と簡単】

こんにちはいいです。お久しぶりです。 先日100円で作れるキャラ

no image
【Elona】引きこもりでも「チュートリアル」を終わらせられるか

※ゲーム内部の解析データに関わる記述を含んでいます。 内部データ

Doki Doki Literature Club! をプレイしたよ

どうも絶賛バーチャルYoutuberに単位と就活をめちゃくちゃにされて

→もっと見る

PAGE TOP ↑