*

稲村さんのお勧め ~スチームパンク~

公開日: 投稿者:稲村ほたる レビュー

このブログをお読みの皆様方、どうも初めまして。稲村ほたるです。

関西出身のピッカピカのラノベ好き1回生ボーイです。男ですまんな。

CASるに所属する先輩や同輩の皆さん方よりもあまりマンガやアニメに造詣は深くなく、語ることの少ない身ではあります。

ですがなんとか自分なりに面白い話をしようと思ったので、今回はサブカルチャー分野で話題沸騰中と稲村氏の中で噂の『スチームパンク』をご紹介したいと思います。

♪悠久の蒸気機関

そもそも、スチームパンクってなんなのか

ぶっちゃけ簡単にいえば、『産業革命期に活躍した蒸気機関が超進化を遂げるSF』であります。

そもそもジェームス・ワットがニューコメンの蒸気機関を改造し、石炭を動力とする動力機関(エンジン)を開発したのが今から300年近く前。動力機関の発明は大きなブレイクスルーとなり、産業革命が大きく進展します。

これに押し出されるように他の技術・社会構造も大きな発達を遂げ、19世紀にはヴィクトリア朝イギリスを中心に「近代」というシステムが形造られていくわけであります。

工業化によって、労働者をこき使ってとんでもない労働をさせるブラック企業が出現しましたし(労働者を守るために社会主義が生まれました)、電信を活かした巨大な通信網だって構築されていきました(リンカーン大統領の暗殺の一報がロンドンに届くまで電信でも12日も掛かりましたが、海底ケーブルが敷かれた後に起こったガーフィールド大統領の暗殺はたった数時間でロンドンの街に届きました)。ロンドンでは煤煙によって世界初めての公害問題が起き、貧富の差はとめどなく増大する一方で、人々は家業から解放されて余暇を持つようになり、これまで高尚な物とされていた芸術が市民の手にまで降りてきました。

娯楽小説としてのSF(サイエンス・フィクション)が生まれたのもこの時代です。

女性作家のメアリ・シェリーは『フランケンシュタイン』で科学技術の暴走を警告し、ジュール・ヴェルヌは『月世界旅行』や『海底二万里』のような心躍る冒険小説を書き、H・G・ウェルズは『タイムマシン』や『宇宙戦争』で現代社会を批判したりしました。この後も彼らに習うようにして、多くの作家がSFを書き続けていきます。

時は過ぎて、20世紀後半。多くのSF作家たちは、ありとあらゆる方向へ進出していきました。星々が広がる壮大な宇宙へ、或いは情報過多の近未来。そして過去の延長上の未来__19世紀の人々が想像していた未来(レトロ・フューチャー)を、どうにかして形にできないか。煤煙に覆われた活気ある街、煙を吹き上げる巨大な真鍮製の機械、そして19世紀風のファッションに身を包んだ人々。

それこそがスチームパンクなのです。

とまあ小難しい説明を長々としてまいりましたが、そんなことを一々考えなくてもいいんです。濛々と煙突から煙を吐く金属のカタマリとか、カチカチ回る馬鹿デカい歯車にどうしようもなくワクワクするのが少年の心、ってもんです。

蒸気によって動くデカい機械や、ノスタルジックで現代的じゃなくちょっと奇妙でおかしいガジェット、ファンタジックな科学技術。

それこそがスチームパンクの魅力なんじゃないでしょうか。

スチームパンクに触れてみる

小難しい説明が終わった所で、スチームパンクに触れて見るためのメディアあれこれを紹介しようと思います。

と言ってもそんなに沢山の物を知っている訳ではないので、まあ「これくらい読んでおけばある程度のイメージは掴めるかな」程度にしたいな、と思っています。

漫画・アニメ

ラストエグザイル

砂時計型の不思議な人工惑星「プレステール」を舞台に、小型飛空艇ヴァンシップに乗って「空の運び屋」を営むパイロットの少年と、ナビゲーターの少女の二人が織りなす空の物語。物語の中盤になって明かされていく、惑星に存在する3つの国家が関わった大きな物語と、予想もしない展開が心を惹きつけます。あと喜多村英梨と花澤香菜のデビュー作だったりします。

不思議惑星、空の旅、世紀末的雰囲気、そしてボーイミーツガールと稲村さんが好きな要素が全力で詰まった作品であります。GONZOの凄まじいくらいのCGアニメーション技術もあり、非常にクオリティの高い作品に仕上がっております。空の青が綺麗。

二期銀翼のファムもおすすめ。

アトランティド

週刊少年サンデーSで連載中の、紛うことなき純度100%スチームパンク。産業革命末期(コミックスの説明文では『産業革命の最中』ですが、実際は1882年だと十分末期です。せめて『ヴィクトリア朝の最中』でしょうに)のロンドンを舞台にした王道ファンタジー。メカだったり怪人だったり出てきて楽しいよ!

まだ2巻というのがネックですが、是非とも読んで欲しいです。あ、Webでも読めますのでどうぞどうぞ。

ゲーム

サクラ大戦

太正桜に浪漫の嵐!

ロボ、メカ、スチーム、多国籍な戦う美少女と日本スチームパンク界のエポックメイキング的大傑作。1990年代に少年(と少年の心を持った大人たち)たちをトリコにした説明不要の面白さ。最近は檄帝(サクラ大戦のオープニング)か、良くてプロジェクトクロスゾーンくらいしか知らない…なんて世代も多くなりましたが、是非とも一度手にとって欲しいモノであります。格好いいので。

シリーズは1~5まであり、特に1と3と4の評価が高い。5は脚本家が替わった上に内容量が薄くてねー

The Order:1886

スチームパンクの本場、ヴィクトリア朝イギリス真っ只中というもうその言葉だけで血が沸き立つレベルのゲーム。ロンドンを覆うスモッグ、そしてそこに徘徊する不気味な半獣たちと、大英帝国の秘密組織「騎士団」(オーダー)との戦いを描いたアクションアドベンチャーゲームであります。

PS4の高い描画性能が生み出すシネマティックで重厚な都市の描写、リアルとSFの狭間を行くような機械の数々!!マーケティング的にもスチームパンク的にも大正解ですよ!!ゲームの分量が薄いのは気にしないで

ランページランドランカーズ

スマホゲーム、しかもスクエニからワクワクするようなスチームパンクが登場だ!!プレイヤーは探索者の一人となり、仲間とともに超古代文明の遺産「ロストアーカイブ」をめぐる冒険に挑戦するダンジョン探索系のRPG。スマホでこういう世界観のゲームは無かったので純粋に嬉しいですね…。

紫影のソナーニル Refain~What a beautiful memories~

2010年代のスチームパンクを引っ張る女性ゲームライター、桜井光氏のスチームパンクシリーズ(そういや最近CASるでも話題の「がっこうぐらし!」の脚本も、桜井さんは携わってるそうですよ)。これを紹介せずしてスチームパンクは語れません。ただ残念ながら多くの作品は18禁の所謂エロゲーという奴なので、今回は一応CERO:Cのものを紹介します。しかしどうせ目立ったエロシーンなんてそんなに無いんだよなぁ

舞台は20世紀初頭に廃墟となってしまったかつての重機関都市、ニューヨーク。「地上にある廃墟のニューヨーク」と、地下に存在する「異形と化した地下都市・ニューヨーク」を舞台に、エリシア・ウェントワースとリリィの少女二人が、災害の中心である「マンハッタン(地上における旧マンハッタン島、地下におけるマンハッタン「紫影の塔」)」を目指すノベルゲームであります。これ以上下手な語りをするより公式サイトを見てもらったほうが早いなこれ

中々重苦しい話も混じってはいるのですが、それが一層この作品の奥深さを出してると思います。興味が湧いたら、自己責任で他のスチームパンクシリーズにも手を出してみることをお勧めします。

小説

ぶっちゃけ稲村氏は小説読みなので、ここはちょっと(特に)力を入れます。

スチームヘヴン・フリークス

僕らの夢と期待を裏切らないガガガ文庫からスチームパンクのライトノベルがエントリーだ!

「蒸気天国」ビザーバーグ。人体にも影響を及ぼす正体不明の神秘的な霧「ミアズマ」を重蒸気に変換するクラフト技術が発達した、合衆国一の工業都市を舞台にしたスチームパンク群像劇であります。

「ミアズマ」の影響により身体が変質した超能力者(ミスティック)のスーパーヒーロー、街を駆けまわる二人組の何でも屋(スチームシーカー)、何事か企むピンカートンの連中、そして悪人ども(フリークス)と個性的な連中が台詞回しを務めたことで、1巻では完全にキャラばっか立ち過ぎて中々ページが進まないという荒業を披露。 2巻以降では一人称の文体を排除することでかなり上手く手直しして来ましたが。

アメコミ風の型破りでどこかメタで軽快なセリフ回しと、パンクでハードボイルドなストーリーはまさに純度100%のスチームパンク。こういう作品が増えてくれることを稲村氏は願ってます。

ディファレンス・エンジン

「ニューロマンサー」のギブスンと「スキズマトリックス」のスターリングが手を組んだ、スチームパンクの参考書にして傑作。なお話の流れは熟読しないとさっぱり判らん模様

スチームパンクに登場するガジェットで最も有名なものであり、計算機の始祖である「バベッジの階差機関」が発達した19世紀を軸にしたサイバーパンクとの評もありますが、ここから多くのスチームパンク作品が参考を受けたことを鑑みると間違いなくスチームパンクです。

19世紀ヴィクトリア朝をモチーフにしながら全く別の世界を辿ってきたという設定であり、史実とは全く違う歴史の出来事が起こっている、歴史上の人物が全く違う仕事で活躍しているなんてことがザラに起こってる世界観です。蒸気に覆われた本筋のストーリーだけでなく、そういう差分(ディファレンス)を楽しむのもこの本の醍醐味。

弱点としては世界史に詳しくないと(と言っても世界史Bにすら出ない人物もいる)登場する歴史人物が何者なのか分からずに本を投げてしまう(一応、下巻の巻末には「差分辞典」という登場するあらゆるものの解説を付けた辞典もありますが)こと、そして最終章の意味がわからないこと。稲村さんも読了した時は訳知り顔をしましたがさっぱり分かってませんでした。

屍者の帝国

00年代SF界の大作家、伊藤計劃。彼の遺作となった第一部の原稿とメモ書き程度の要素を、彼の友人である円城塔がどうにか引き継いで完成させた「遺作」ってもうそれほとんど円城塔の単独作品なんじゃ、ってツッコミは今更よそう

19世紀スチームパンクの世界観にあまつさえフランケンシュタインを持ち込んでくる、という「ブレードランナー」にサメ映画をミックスさせるような愚行組み合わせを難なく成功させ、さらに本家「フランケンシュタイン」をまさかそう持ってくるとは!! という組み合わせの妙に唸らされる作品。流石円城塔というべきか。

上述のディファレンス・エンジンをオマージュしているのか、様々な点(小説上・歴史上の人物の以外な場面での登場、解析機関の活躍)に共通点が見られたりして、「わかっているな~」とニヤニヤ出来るのも本作の特徴かも。そしてやはり最後が判らんという

バネ足ジャックと時空の罠

2010年のフィリップ・K・ディック賞を受賞したヴィクトリアン・スチームパンクの本格派…のように見せかけて高く舞い上がる超スローボールを投げ込むびっくりするほどの奇抜な作品。

19世紀に蒸気技術とともに発達した学問・遺伝学と進化論が劇的に向上したことで蒸気馬車は走り改造生物が行き交うロンドン。19世紀に実在した怪人「バネ足ジャック」を軸に、世界を揺るがす陰謀に立ち向かうヴィクトリア朝SFらしい冒険譚。

こういった歴史改変SFの中でも強烈にぶっ飛んでいて、優生学を振りかざす進化論者チャールズ・ダーウィンに、人体改造マニアの白衣の天使フロレンス・ナイチンゲール、蒸気駆動の地下鉄開発者イザムバード・キングダム・ブルネルなど、登場する歴史上の人物がかなり変態だ!

ヴィクトリア朝SFはふと気が緩むと重苦しくなることもあるが、この作品は巧い諧謔味でテーマが重くなりすぎたりバカバカしくなり過ぎたりを防ぎ、自由闊達で娯楽性の高いものにしている。

お高いのが難だが、図書館で借りたりすればいいかもしれない。

…他にも紹介したい作品はたくさんありました(特に本場海外産のスチームパンクSF 英国パラソル奇譚とか、ちょっとディーゼルエンジンも含むけどリヴァイアサン クジラと蒸気機関とか あと電撃文庫のミス・ファーブルと蟲ノ荒園とか)が、これ以上はブログ執筆に時間を掛けられないので次回に回したいと思います。

では皆様、よき青空を!

 

 

 

 

関連記事

IMG_0032

Z/Xブースターパック11弾「神子達の戦場」を開けてみた。

お久しぶりです。富士さんです。 時が経って気付いたらゼクスプレーヤーになってました()

記事を読む

no image

井口裕香のむ~~~ん⊂( ^ω^)⊃ 2014/5/5放送分レビュー

どうも、本日付でバイト先がようやく決まった富士さんです。 最近家計が火の車だったからほんと助か

記事を読む

2014_0604_204820-DSC_0235

ジグソーパズルのススメ~アマガミ購入した件~

投稿者の中で一番名前が長いと噂の必殺のコンボが決まった!です。 流行に乗りに乗り遅れ最近アマガ

記事を読む

CBfPY6WVAAEigAP.jpg large

ザ・プロディジーの6年振りニューアルバム「ザ・デイ・イズ・マイ・エネミー」レビュー

お久しぶりです(僕の記事最近いつもこの書き出しから始まってる気がするのん)。富士さんです。

記事を読む

no image

個人的良曲紹介 その1

どうもやまりんです。最近音ゲー勢が増えてきて嬉しいです。 LoV3紹介はちょっとお休みして(画

記事を読む

serahu

【シャドウバース】初心者向け!レジェンドがなくても勝てるデッキレシピ!

お久しぶりです。ずいずいです。 シャドウバースで遂に新パック、ダークネスエヴォオオルヴが実装

記事を読む

ルールー

LoV3をやってみよう!【第1回】

どうもやまりんです。 何か書こうぜ!って言われて何書こう…そうだロードオブヴァーミリオン3(L

記事を読む

劇場版マジェスティックプリンス

劇場版マジェスティックプリンスを見た

『銀河機攻隊マジェスティックプリンス』、というアニメをご存知だろうか。本放送は2013年の春と夏に行

記事を読む

no image

三連休を偲んで

台風だああああああ ア~ヒャヒャヒャヒャ~!!!! 〃 ∧Λ ヽ ( (((゚∀゚)))

記事を読む

DSC_0431

第一回 文学フリマ金沢に出没してみた

とてもお久しぶりです、sakuraです。 新学期が始まってはや2週間、CASるにも続々と新入生

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
かうんひぶんそうけん

テストが終わった。一年を締めくくる最後のテストが終わって気持ちの軽い僕

2017-10-10_01-13-50
消えたボカロ曲集

諸行無常,栄枯盛衰……関係あるのか,ボカロ曲は結構消えます。 名

初音ミク2
ボクとミクと10周年 その2

前記事に引き続いて曲紹介をやっていきたいと思います。 その1では

初音ミク
ボクとミクと10周年 その1

本日初音ミクの生誕十周年という誠にめでたき日であります。 僕がボ

IMG_9734
プリパラのススメ

こんにちは、うぃずと言います。初投稿です。今回私は、とある偉大な先輩に

→もっと見る

PAGE TOP ↑